ボウタイブラウスをカジュアルに

ブラウスにボウタイを、カジュアルに着こなすのが、かわいい!

 

70年代要素を手軽に取り入れられるボウタイは、クラシックすぎないようにカジュアルに着こなすのがコツ。

 

サラッとシンプルに、Gジャンやつなぎに合わせてバッドガール風な着こなしも今季はトレンドスタイルです。

 

スカーフに抵抗のある人や、帽子以外でコーデにアクセントをつけたいときにも最適です。ミニマムなボウタイひとつで、おしゃ見えしちゃう優れものアイテムなのです。

 

ボウタイブラウスのアレンジテク

 

そのままだと、どこかレトロでクラシックになってしまうので、ちょっとだけアレンジして、カジュアルな雰囲気にもっていきます。

 

本来、ブラウスと合わせるボウタイを、単品使いにするとおしゃ見え間違いなし。シンプルなカットソーに、ボウタイだけを無造作に巻いてアクセントにします。首元にスカーフ感覚でサラッと巻くだけです。ミモレ丈のスカートやロングスカートなどフェミニンなボトムスに合わせると、マニッシュな雰囲気になります。

 

キャビンアテンダント風に、サイドで結んでも新鮮です。snidel(スナイデル)のボウタイブラウスとフレアスカートのセットに、Gジャンを羽織るスタイルは、今っぽくて可愛さ抜群。

 

カジュアル見せするためには、デニムのつなぎに合わせるのもおすすめです。異なる雰囲気のボウタイとデニムの組み合わせがオシャレ。

 

ボウタイブラウスは、ボウタイを結ばないでそのまま垂らしても、今っぽいムーディな着こなしになります。